screenshot_2016-12-03-20-58-06-288x512

デュエルリンクスでランク戦など対人戦を行っていると、よく出てくるカードに「ハネハネ」と「死の4つ星てんとう虫」がある。

「ハネハネ」は攻撃してきたモンスターを手札に戻す効果を持っている。「死の4つ星てんとう虫」は、フィールド上の4つ星モンスターを全て破壊する効果を持つ。苦労して召喚したアドバンスモンスターや特殊召喚モンスターが手札に戻されたり、4つ星モンスター全て破壊されると一気に逆転されてしまう。

しかし、「ハネハネ」や「てんとう虫」は基本的に裏側でセットされるので、攻撃してみるまでわからない。本記事では、「ハネハネ」や「死の4つ星てんとう虫」へのおすすめ対策を記載した。

 

 

ハネハネとてんとう虫対策におすすめのカード

破邪の大剣ーバオウ

装備魔法
手札のカード1枚を墓地に送って装備する。 装備モンスターの攻撃力は500ポイントアップする。 このカードを装備したモンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した場合、 そのモンスターの効果は無効化される。

こいつを装備してハネハネを攻撃すると、ハネハネやてんとう虫の効果を無効化するため、非常に効果的だ。一番のおすすめカードと言える。

入手方法:アルティメット・ライジング

一刀両断侍

効果モンスター
星2/風属性/戦士族/攻 500/守 800
このカードが裏側守備表示のモンスターを攻撃した場合、 ダメージ計算を行わず裏側守備表示のままそのモンスターを破壊する。
こちらもバオウと同じく、裏側セットモンスターについて、効果が出る前破壊可能でおすすめの対策カードだ。

入手方法:ネオ・インパクト

エレメント系モンスター+地属性モンスター

エレメント・デビルやエレメント・ソルジャーは、フィールド上に地属性モンスターがいる場合、モンスターが破壊した効果モンスターの効果は無効化される。そのため、ハネハネの効果は無効にできるぜ。ちなみに地属性モンスターは、自分フィールドにいても、相手フィールドにいても効果が得られるぜ。闇デッキを組むなら、地属性モンスターと一緒に入れておくのが良い。

入手方法:エレメント系はアルティメット・ライジング。地属性はなんでもOK。

白竜の聖騎士

儀式・効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1900/守1200 「白竜降臨」により降臨。 フィールドか手札から、レベルが4以上になるよう カードを生け贄に捧げなければならない。 このカードが裏側守備表示のモンスターを攻撃した場合、 ダメージ計算を行わず裏側守備表示のままそのモンスターを破壊する。 また、このカードを生け贄に捧げる事で手札またはデッキから 「青眼の白龍」1体を特殊召喚する事ができる。 (そのターン「青眼の白龍」は攻撃できない。)

 

儀式モンスターであり、ハネハネやてんとう虫などのセットモンスターについては、リバース効果を無効にて破壊してくれるぜ。儀式モンスターなので召喚に手間がかかるが、白竜の聖騎士、白竜降臨、青龍の召喚士をデッキに入れておくと、スムーズに儀式召喚できるぜ。

入手方法:白竜の聖騎士と白竜降臨はネオ・インパクト、青竜の召喚士はカードトレーダーで交換。

 

まとめ

ハネハネや死の4つ星てんとう虫に対する対策カードをまとめる。

  • 破邪の大剣ーバオウ
  • 一刀両断侍
  • エレメント系モンスター+地属性モンスター
  • 白竜の聖騎士

 

破邪の大剣ーバオウ、一刀両断侍、白竜の聖騎士はレア度がSRなので、パックをかなり引く必要がある。

パックをたくさん引くためには、大量のジェムが必要だが、無料でジェムをたくさん貯める裏ワザを見つけた。

ジェムをたくさん集めてデッキを強化しよう。

 

無料でジェムをゲットする方法はこちら