%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%a1%e3%83%83%e3%83%88

aod

 

 

 

 

 

 

 

 

遊戯王デュエルリンクスにおけるガチャは、カードが3枚入ったパックを購入することだ。

12/26現在、パックは2種類あり、ひとつ目は「アルティメットライジング」。もうひとつは、最近リリースされた「エイジオブディスカバリー」だ。

パックを入手するためにはジェムを使用することになるが、ジェムは無限に手に入るわけではないので、効率的に使いたいもの。そのため、どっちのパックでガチャをするべきか迷う人は多いだろう。

結論を先に言うと、使用するキャラクターやデッキによって引くべきガチャは異なるということだ。

一体どういうことか、本記事では、使用するキャラクター別、あるいはデッキごとに場面をわけて考察した。

 

スポンサーリンク

 

キャラクター別おすすめガチャ

自分がどのキャラクターを使用するかで、引くべきガチャは異なる。まずは、主人公別に見てみよう。

闇遊戯を選択した場合

闇遊戯は、スキル「闇の力」が使用できるところが特徴だ。闇の力でフィールドを「闇」にすれば、魔法使い族、悪魔族の攻撃力が200アップする。そのため、闇遊戯を選ぶ場合は、まずは、魔法使い族や悪魔族がたくさん入手できる「アルティメットライジング」でガチャするのがおすすめだ。

アルティメットライジングで入手できる闇遊戯におすすめのカード

汎用のモンスターカードを紹介する。

 

エレメント・デビル 星4/闇属性/悪魔族/攻1500/守1200

エレメント・マジシャン 星4/風属性/魔法使い族/攻1500/守1200

 

これらのモンスターは闇の効果で攻撃力1700まで上がるため、大概のモンスターは撃破できる。

それに加えて、さらに良いところがある。それはモンスター効果だ。その効果とは、

 

自分フィールド上に風属性モンスターがいる場合、このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊したとき、もう一度だけ続けて攻撃を行う事ができる。

 

例えば、自分のフィールドにセイントバード(風属性)と、エレメントマジシャンがいたとする。エレメントマジシャンで相手カードを破壊した時、効果が発動し、エレメントマジシャンはもう一度攻撃ができるのだ。

エレメント・デビルもしくはエレメント・マジシャンと風属性のモンスターを組み合わせることは非常に有効なコンボである。

 

エレメント系と相性の良いおすすめの風属性モンスター

エレメント系モンスターと相性の良いカードは、風属性のモンスターである。

「アルティメットライジング」のガチャパックで入手出来る、おすすめ風属性モンスターは以下だ。

 

スカイ・ハンター 星4/風属性/鳥獣族/攻1550/守1200

 

攻撃力が1550と一歩抜きん出ている。また、デュエル相手が海馬の場合、フィールド魔法「山」を使ってくることが多いが、その場合、こちらのスカイ・ハンターの攻撃力も1750まで上がるので、余裕で対抗できることも心強い。

 

さらに余力がある人は

「エイジオブディスカバリー」でガチャし、以下のカードをゲットしよう。

 

ウェポン・サモナー 星4/風属性/魔法使い族/攻1600/守1600

 

「闇」のフィールドで攻撃力が1800まで上がる非常に強力なモンスターだ。ぜひとも、エレメント系モンスターと風属性モンスターのコンボを試してほしい。

 

海馬を選択した場合

海馬は、スキル「頂きに立つもの」が使用できる。このスキルを装備していると、フィールド魔法「山」が発動してデュエルが開始される。山はドラゴン族・鳥獣族・雷族モンスターの攻撃力・守備力が200ポイントアップするため、これらのモンスターを使うことが効果的だ。そのため、海馬を使用する場合はまず、「アルティメットライジング」でガチャするのがおすすめだ。

アルティメットライジングで入手出来る海馬におすすめカード

山の効果を活かすカードを主力にしよう。必須カードは以下のようになる。

 

スカイ・ハンター 星4/風属性/鳥獣族/攻1550/守1200

セイント・バード 星4/風属性/鳥獣族/攻1500/守1100

紅陽鳥 星6/炎属性/鳥獣族/攻2300/守1800

融合 通常魔法

 

スカイ・ハンター、セイント・バードはどちらも星4モンスターの中で、高い攻撃力を誇る。鳥獣族なので、山が発動していれば攻撃力は1750、1700まで上がるぜ。できればどちらも3枚欲しいところ。

そして、この2つの融合により、特殊召喚できるのが紅陽鳥だ。融合モンスターはエクストラデッキに入れておくモンスターであり、海馬デッキには必須のカードだ。

その融合に必要なカードが、魔法カード「融合」だ。城之内のレベルを5まで上げれば、すぐに入手できるので絶対に入手しておこう。

鳥獣族と相性の良いおすすめのエレメント系モンスター

闇遊戯のところで紹介したが、風属性モンスターとエレメント系モンスターは相性が良い。アルティメットライジングで入手できる、エレメント・デビルもしくは、エレメント・マジシャンをデッキに組み込むことがおすすめだ。

 

スポンサーリンク

 

その他デッキ別おすすめガチャパック

海デッキ

海デッキで進めたい人は、フィールド魔法「海」を必須として戦うことになるだろう。ストーリーを進めていくと出現する梶木というキャラクターは、スキル「海の伝説」が使用できる。

これにより、デュエル開始からフィールド魔法「海」が発動し、フィールド上に表側表示で存在する魚族・海竜族・雷族・水族モンスターの 攻撃力・守備力は200ポイントアップする。そのため、海デッキを使いたい人は、水、魚、海竜モンスターがたくさん入手できる「エイジオブディスカバリー」を引くべきだ。

エイジオブディスカバリーで入手できるおすすめカード

 

ダイダロス 星7/水属性/海竜族/攻2600/守1500

自分フィールド上に存在する「海」を墓地に送る事で、 このカード以外のフィールド上のカードを全て破壊する。

 

ヒゲアンコウ 星4/水属性/魚族/攻1500/守1600

水属性モンスターを生け贄召喚する場合、 このモンスター1体で2体分の生け贄とする事ができる。

 

大波小波 通常魔法

自分フィールド上に表側表示で存在する水属性モンスターを全て破壊する。 その後、破壊した数と同じ数まで手札から水属性モンスターを特殊召喚する事ができる。

 

これらを用いた鉄板の戦い方は、まずヒゲアンコウを召喚して、ダイダロスをアドバンス召喚する。そして、海をリリースして、すべてのモンスターを破壊した後、ダイレクトアタックが可能となる。

 

もしくは、適当な水属性モンスターを召喚しておき、大波小波を使用する。手札にダイダロスがある場合は、いきなりダイダロスを特殊召喚できる。

ただ、ダイダロスはURカードなので、入手難易度が高いことがネックだ。

 

カラテマンデッキ

カラテマンというモンスターをうまく使いこなせば、相手が3体「青眼の白竜」を出していても、1ターンで勝つことができる。それは、カラテマンの攻撃力を2倍にあげて、ダイレクトアタックを2回繰り返すという攻撃だ。

 

具体的には、カラテマンを召喚する→閃光の双剣ートライスで2回攻撃可能に→財宝への隠し通路でダイレクトアタックが可能に→カラテマンの効果発動でカラテマンの攻撃力が2000に→攻撃力2000のダイレクトアタックを2回発動し、勝利。

という流れになる。

 

アルティメットライジングで入手できるおすすめカード

このカラテマンデッキに必須のカードは以下の3枚であり、すべて「アルティメットライジング」で入手できる。レア度もそこまで高くないため入手しやすい。

 

カラテマン 星3/地属性/戦士族/攻1000守1000

1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動する事ができる。 このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで、元々の攻撃力を倍にした数値になる。 この効果を使用した場合、このカードはエンドフェイズ時に破壊される。

 

閃光の双剣ートライス 装備魔法

装備魔法 手札のカード1枚を墓地に送って装備する。 装備モンスターの攻撃力は500ポイントダウンする。 装備モンスターはバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。

 

財宝への隠し通路 通常魔法

表側表示で自分フィールド上に存在する攻撃力1000以下のモンスター1体を選択する。 このターン、選択したモンスターは相手プレイヤーを直接攻撃する事ができる。

 

以上、新・旧パックのどっちをひくべきかを紹介した。自分の目指すべき姿に合わせてパックを選ぼう。

 

スポンサーリンク