%e9%81%8a%e6%88%af%e7%8e%8b

アプリゲームを効率良く進めていく上で、強い武器、強いカードなどが必要になる。

そこで、よく行われているのが、リセマラだ。

しかし、デュエルリンクスにおいては、リセマラがいらないでは?という意見もある。

ここでは、リセマラがいるのか、いらないのか、俺なりの考えを発信するぜ。

スポンサーリンク

デュエルリンクスでのリセマラ

デュエルリンクスでのリセマラは、カードが入ったパックを購入し(ガチャを引くとも表現する)、レアカードが出るまでインストールとアンインストールを繰り返す方法をとる。

 一般的にガチャのタイプは2種類あり、コンプガチャとボックスガチャに分けられる。

コンプガチャは、レアカードが出るまでひたすら課金する必要があるが、ボックスガチャは、1ボックスに入っているカードの種類と枚数が決まっているので、ある程度のお金を使えば、すべて手に入れることができる。

デュエルリンクスはこのボックスガチャを採用している。

例えば、初期のパックである「アルティメットライジング」は、1ボックスに200パックが入っており、1パック50ジェムなので、10,000ジェムを消費すれば全て手に入る。

通常の人ならば、ゲームにそこまで課金したくないと思うだろう。そこで出てきたのがリセマラ。レアカードが出るまでリセットを繰り返すのだ。

しかしデュエルリンクスにおいてはリセマラはいらないのでは?ないかという考えも出てきている。

リセマラは必要か?

俺の体験談を話そう。

インストール時にもらえるジェムを、ありったけ(1000ジェムくらい)使ってカードを買った結果、ウルトラレアカードはフュージョンゲートのみであった。

ちまたで言われているリセマラで手に入れるべきカードの「アックス・レイダー」や「ワンダー・バルーン」には縁がなかった。

そんな俺でもステージはサクサク進んでいるし、コロシアムで他のプレーヤーと対戦して、すぐにシルバーランクまで進むことができた。

遊戯王デュエルリンクスはよくできたゲームで、たいしたことないカードでも、使い方によっては非常に有効になり、レアカードで固めたデッキにも余裕で勝てる。

レアカードを持っているのに越したことはないが、要は使い方が大事であり、自分の保有しているカードを使いこなして戦略を立てていくことが面白いところだ。さながら本物の遊戯になった気分を味わえるぜ。

以上のことから、デュエルリンクスにリセマラは必ずしも必要ではないというのが俺の意見だ。

スポンサーリンク

リセマラなしでもデュエルに高確率で勝つ方法

デッキの組み方で勝敗は大きく変わる。

例えば高確率でデュエルに勝利できる有名なデッキに「カラテマンのワンキルデッキ」ってのがある。

レア度はそこまで高くないモンスターカードの「カラテマン」をキーカードとした戦術だ。

必要カードは以下の3枚。

・カラテマン(レア)

・閃光の双剣−トライス(レア)

・財宝への隠し通路(ノーマル)

カラテマンは効果で攻撃力が2倍になるため、2000になる。そこに財宝への隠し通路でLP直接攻撃にしておき、さらに閃光の双剣を使って2回攻撃をするのだ。

普通は、双剣を使うと攻撃力が500下がるのだが、カラテマンの能力は元々の攻撃力を2倍にするというのがミソだ。攻撃力がダウンせずに2回攻撃ができ、LP4000の相手ならば1ターンで勝利できる。

以上のカードはリセマラせずに普通にゲームをプレイしていればひけるカードだし、かなり強い戦術だ。

もちろん、このデッキに対する戦術もあるがな。

要はじゃんけんみたいなもので、強いデッキが出てきたら、それに対抗する手段も出てくる。

デュエルリンクスには無限の可能性が広がっているということだ。

まとめ

長くなったが結論だ。

デュエルリンクスはリセマラしなくても十分楽しめる!

スポンサーリンク