aod

 

遊戯王デュエルリンクスはこれまでカードを買うパックが1つだけだったが、ついに新パックが発表されたぜ。

その名も「エイジオブディスカバリー」

パックの中身や評価、俺がおすすめするカードや、新パックを引くべきかを語るぜ。

スポンサーリンク

 

パックの中身

レア度 種類 合計枚数
UR
SR
R 14 70
N 16 160

 

新パックエイジオブディスカバリーは水属性のカードがたくさん入っている。

海デッキを組むのにおすすめであり、推奨キャラクターはもちろん梶木である。

また遊戯を使った闇デッキであったとしても、この新パックには攻撃力が1650を誇る星4モンスター「満ち潮のマーマン」などもいるので、攻撃力アップを目指すのならばパックをガンガン引くべきだ。

 

おすすめカード

それではここから俺のおすすめカードを発表する。

 

強欲なウツボ

通常魔法

手札の水属性モンスター2体をデッキに戻してシャッフルする。 その後、デッキからカードを3枚ドローする。

水デッキにおすすめ。

 

黄泉へ渡る船

こう見えてモンスターカード。

攻撃力800 守備力1400

このカードが戦闘によって破壊され墓地に送られた時、このカードを破壊したモンスターを破壊する。

 

道連れ

トラップカードだ。

フィールド上に存在するモンスターが自分の墓地に送られた時に発動する事ができる。フィールド上に存在するモンスター1体を破壊する。

必ず1体倒せるぜ。例え青眼の究極竜でもな。

 

満ち潮のマーマン

攻撃力1650 守備力1300

星4モンスターではアックスレイダーの1700に比べて2位の実力を誇るので、大抵の殴り合いなら勝てるぜ。

初心者で火力勝負になったら勝てる確率は高いため、3枚は入れておきたい。

しかし守備表示にされるとすぐ破壊されるので注意だ。

 

海竜−ダイダロス

攻撃力2600 守備力1500

自分フィールド上に存在する「海」を墓地に送る事で、このカード以外のフィールド上のカードを全て破壊する。

ステータスは普通だが、効果が非常に有効。

モンスターや魔法、罠もすべて破壊する津波のような効果が発動できる。うまく使えば、一発逆転が可能だ。

 

大波小波

自分フィールド上に表側表示で存在する水属性モンスターを全て破壊する。その後、破壊した数と同じ数まで手札から水属性モンスターを特殊召喚する事ができる。

これを使えば、一発で水属性のアドバンスモンスターを召喚できる。

 

ハリマンボウ

攻撃力1500 守備力100

このカードが墓地へ送られた時、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。選択した相手モンスターの攻撃力は500ポイントダウンする。

このカードの良い点は、手札から墓地に送ったとしても効果が発動できる点だ。海デッキじゃなくても活躍するぜ。

 

ヒゲアンコウ

攻撃力1500 守備力1600

水属性モンスターをアドバンス召喚する場合、このカードは2体分のリリースとする事ができる。

アドバンス召喚にもってこいのカードだ。

 

スポンサーリンク

 

新パックエイジオブディスカバリーは引くべきか?

まず、新パック「エイジオブディスカバリー」はレアカードを引く確率は高いのだろうか。

エイジオブディスカバリーは80パック=240枚と少ないが、例えばウルトラレアのカードを引く確率について計算すると、ウルトラレアは2種類で各1枚。2/240=0.83%だ。スーパーレアは8種類で各1枚だから8/240=3.33%だ。

一方、「アルティメットライジング」はどうか。

入っている枚数は200パック=600枚。ウルトラレアは10種類各1枚なので10/600=1.67%

スーパーレアは12種類各2枚なので、24/600=4.00%

まとめるとこうなる。

 

枚数 UR枚数 SR枚数 URを引く確率 SRを引く確率
エイジオブディスカバリー 240 0.83% 3.33%
アルティメットライジング 600 10  24 1.67% 4.00%

 

エイジオブディスカバリーはURやSRを引く確率は低いため、単にレアカードが欲しいだけなら、引くべきではない。

一方、エイジオブディスカバリーは強力なカードもたくさんある。

特に海デッキで構成したいのなら、間違いなく引くべきパックだ。

 

スポンサーリンク